【おすすめサイト集|交通事故損害賠償の全体像】

交通事故被害者関係

後遺障害等級の向上

後遺障害事故において、等級は損害額算定に極めて重要な役割を果たします。

 

症状固定が近づいたら、少しでも高い等級を取ることを考えねばなりません。

 

逆に保険会社にとってはここで低めの等級を取らせることが、保険金抑制の上で極めて有効です。

 

このように、等級の認定においては被害者と保険会社の利益は正反対に対立するものです。

 

保険会社の有利になるように誘導を許してはいけません。

 

認定まで進んでしまった場合、不服なら即座にその申立てをしなければなりません。

 

この問題について、下記のサイトはとても参考になります。

 

後遺障害等級を上げて正当な賠償を勝ち取る方法

 

被害者の示談の進め方

交通事故では加害者は示談を早く進めたがります。

 

これには2つの理由があります。

 

一つは加害者の加入する任意保険会社が保険金を抑制したがっていること。

 

被害者が混乱して損害賠償の相場を調べる余裕がないうちに判をつかせようということなのです。

 

もう一つ、加害者に飲酒運転などの重過失がある時は、刑事罰の軽減を狙って弁護士を通じて示談を持ちかけてくることがあります。

 

示談が成立していれば和解済ということで、刑の軽減に効果大なのです。

 

悪質な事件で処罰感情が強い時にこんな示談に応じれば、逆に相手を許して刑を軽くするのに協力することになってしまいます。

 

いずれにせよ、ひとたび示談に応じてしまうと、覆すことは不可能です。

 

下記のサイトをよく読み、たっぷり時間を取って対応を考えていただきたいものです。

 

交通事故被害者は示談にすぐ応じるべきか?

 

治療費打ち切り対応

事故直後は親切に治療費を出してくれていた保険会社が、2〜3カ月もすると手のひらを返したように治療費を打ち切ってくる。

 

これは本当によくあることです。

 

被害者は混乱し、怒り、人によっては自費での支払いを拒否して治療を中断してしまう場合もあります。

 

しかし、これは保険会社の思うつぼなのです。

 

治療費の請求額が少なく終わるばかりか、後遺障害が残っても等級認定を受けられず、大損することになりかねません。

 

下記のサイトはそうしたからくりや正しい対処法について教えてくれます。

 

保険会社の治療費打ち切りにどう対応するか?

 

交通事故被害に強い弁護士

このサイトでも述べているように、交通事故の被害に遭った場合、保険金交渉で弁護士の力を借りた方が有利です。

 

特に被害が深刻で過失割合が低い場合は絶対に相談すべきです。

 

ただ、法律の分野は途方もなく広大で、いかに優秀な弁護士でもすべてに精通している人などいません。

 

医者でも内科、外科、眼科など専門が分かれていますね?

 

弁護士の場合は医師のように制度的に専門分野が分けられているわけではありますが、やはり事実上の専門はあります。

 

交通事故被害なら、自動車保険と交通事故の民事裁判判例に精通した弁護士に頼まないと意味がありません。

 

そういう弁護士と関連情報を提供しているサイトです。

 

自動車事故保険金交渉に強い法律事務所

その他弁護士関連

多重債務からの脱却

人は色々な原因で借金地獄に堕ちます。

 

それはギャンブル、風俗、ぜいたく品のショッピングといった浪費ばかりではない。

 

親友の連帯保証人になってしまったり、手形の裏書をしてしまったりということもあります。

 

これはまだ本人の慎重さの不足が疑われます。

 

しかし、家族が病気になったり、災害に遭ったり、奨学金が返せなくなって多重債務に陥ることもあるのです。

 

いよいよ物理的に返せなくなってきた時は、弁護士や司法書士に相談して債務整理を検討すべきです。

 

夜逃げや自殺など、考えるべきではありません。

 

下記のサイトは借金地獄に堕ちた時の脱出の仕方や復活の道筋について、ヒントをまとめてくれています。